四種類のキスマーク イラスト

風俗の求人を見て風俗のお仕事を始めたという女性のお話

何のために働くのか・・・家族のため、小遣い稼ぎ、仕事がおもしろいからなど、人が働く理由は人それぞれですよね。

風俗も仕事の一つなので、働いている人たちには様々な理由があるものです。やむをえない事情がある人もいるでしょうし、特別な理由もなくという方もいると思います。

具体的にはどんな理由があるのでしょうか?

普通の仕事と違う? 風俗事情

風俗で働いている人の理由と聞くと、親を養うため、兄弟姉妹の学費を賄うため、借金返済のため、男に貢ぐため、などの理由で仕方なくというのがパッと思いつくかと思います。

普通の職業よりも高収入ではあるけど、自分の体を売るためにどうしても暗いイメージがついて回るものです。実際にそういった理由で苦労していて仕方なく風俗業界に足を踏み入れる人もいます。

しかし大半はもっとライトな理由で働いている人が多いようです。これはそんなにライトとは言えないかもしれませんが、学生が自分の学費を稼ぐために風俗で働くというのは比較的多いと思います。

最もライトな理由は単なる小遣い稼ぎです。性的なことが嫌いではなく、むしろ好きだという人にとっては普通にバイトするよりも手っ取り早く高収入を得られるので風俗の求人を探す人が多いようです。

また、OLをやっている人が貯金目的で副業として働くパターンもあるようです。

プロ意識も持って働いている人も

重たい理由にしろ、ライトな理由にしろ、どちらかというと「バイト」感覚で働く方が多いと思います。そんな中でもやはり仕事ですから、しっかりとプロ意識を持って働いている人もいます。

統計があるわけではないですが、高級店やサービスの質が高いお店で働く方に多いように思います。

自分なりの理由で働こう!

人それぞれの働く理由があります。自分の働く理由が軽いからとか、重いからと言って卑屈にならなくて良いと思います。他の人の理由は参考程度に、自分は自分の理由で堂々と働いていきましょう!